株式会社加速器分析研究所のブログをご覧になって頂きありがとうございます。

今回は前回のブログでご紹介したはっぴーとーく樹音様からご依頼いただいておりましたショップ袋の分析の様子と、測定結果について皆様にお伝えしていきたいと思います。

最初に、測定の様子をご覧ください。
まず、お預かりしたショップ袋から必要量を分取していきます。1_採取1修正

2_採取2修正
必要量に分取した試料を錫箔に詰めます。
3_サンプル詰め1
4_精製サンプル
こうして分取した測定試料に各種化学処理を行った後、当社の加速器質量分析(AMS)装置で測定します。
5_加速器全景
はっぴーとーく樹音様からお預かりしたショップ袋に表示されていたバイオマスマークを覚えていらっしゃいますか?印をご覧ください。
ジュネット袋アップ
バイオマスマークに10と表示がされていますので、ショップ袋のバイオマス成分が10%以上15%未満の割合で含まれている製品であるとの意味を表示していることを、前回のブログでご説明を致しました。
さて、測定結果はどうでしょうか?
下記の表が、今回お預かりしたショップ袋の炭素ベースのバイオマスの割合を示した結果となります。で囲われた値をご覧ください。この値がASTMの規格に準じて算出したバイオマスの割合です。11%という測定結果がでました。この結果から、バイオマスマークの範囲内の、バイオマス度の割合であったことが分かりました。

~測定結果~
7
はっぴーとーく樹音様にも、ショップ袋が表示通りのバイオマスマーク10に対応した製品であり、お客様に安心してご提供いただける袋であるとのご報告ができました。

本社 営業部



 福島県大沼郡三島町の大谷川河床で発見された巨木が注目を集めています。

20205月に一般社団法人IORI倶楽部会員の方のご家族が埋没した巨木を発見、20212月に巨木を発見された会員の方が掘り出し、佐久間建設工業様が協力しました。そしてこの木の年代を調べるため、佐久間建設工業様は当社に年代測定を依頼されました。その結果、この木は53005600年前頃に枯死したことがわかり、研究者から近隣に位置する沼沢火山の噴火との関係が示唆されるに至りました。このことは地元福島県などの新聞に取り上げられ、地域の人々や自治体などに加えて、火山、地質、考古学など様々な分野の研究者からも関心が寄せられています。掘り出された巨木は、佐久間建設工業様が運営する「森のしごと舎」にて展示され、連絡すれば見学できます(写真1)。

当社は、放射性炭素年代測定という自社の技術を通じて今回の重要な発見に関わることができましたが、巨木の年輪を利用すれば、この木の年代をさらに絞り込むことができると予想されました。そこで、福島県に分析施設を置く地元の企業として、地域の災害史の解明に貢献したいという思いから、木を保管する佐久間建設工業様に提案し、より詳細な年代測定を実施させて頂くことになりました。

618日、佐久間建設工業様のご案内にて当社白河分析センター社員が現地を訪問、発見された木から切り取られた貴重な板を年代測定試料として頂きました(写真2)。乾燥による収縮が見られますが、木の保存状態は大変良好で、数百年分もの年輪が観察されます。

新聞報道以来、すでに何人もの研究者が現地に入り、埋没した木と火山との関係やその年代などについて検討が開始されています。当社も研究者の方々と連携しながら年代測定を進めつつあります。

これらの取り組みは、佐久間建設工業様やIORI倶楽部様をはじめとする地元の方々の熱心で積極的な活動に負うところが大きく、当社も地元企業として皆様と協力しながら取り組んで参ります。


〈発見された巨木の関連情報〉

森のしごと舎(佐久間建設工業運営)ホームページのブログ

http://morinoshigoto.blogspot.com/


写真1  IMGP0041(縮小)
(写真1 佐久間建設工業様「森のしごと舎」で巨木などが展示されている様子)



写真2 W1_2(縮小)
(写真2 年代測定試料として頂いた巨木の板)

(白河分析センター)

 株式会社加速器分析研究所のブログをご覧になって頂きありがとうございます。
 今回は、はっぴーとーく樹音様より最近新たに採用されたバイオマス配合のショップ袋の測定のご依頼を頂きましたのでご紹介させて頂きます。
 はっぴーとーく樹音様は、当社と同じ川崎市内において化粧品専門店、本格エステサロン、化粧品のオンライン販売と幅広く展開されている企業様です。普段お買い物をされるお客様は、美意識・おしゃれマインドの溢れる方々ばかりと伺っております。
 また、はっぴーとーく樹音様では新型コロナウイルス対策として出来る限りの感染予防に努めた上で、お客様が安心してお買い物が出来るよう細心の注意と工夫をされていらっしゃいます。
 今回は、ショップ袋をバイオマス製品にすることで、美と共に環境保全などに対する意識の高いお客様により安心してお買い物を楽しんで頂けたらとのご希望から「ショップ袋が確かなバイオマス製品であることを証明するため」に測定のご依頼を頂きました。
 こちらが今回はっぴーとーく樹音様よりご提供いただいたショップ袋です。ジュネット袋

ジュネット袋アップ

 ショップ袋にある印部分がバイオマス製品を認証するバイオマスマーク(一般財団法人日本有機資源協会様の認証マーク)です。レジ袋にバイオマスマークの表示を目にする機会が多くなっていると感じている方も多いのではないでしょうか。
 このバイオマスマークから、ショップ袋はバイオマス成分が10%以上15%未満の割合で含まれている製品であることが分かります。
 今回提供して頂いた分析サンプルを測定し、次回のブログで測定の様子・結果を発表していきたいと考えております。測定結果が楽しみです。

SHOP情報:URL はっぴーとーく樹音・サロンドジュネ (junet.co.jp)
はっぴーとーく樹音店頭写真

本社 営業部

↑このページのトップヘ