この象牙はいつ採取されたのか?
<背景>
環境省は、71日から、未加工の象牙(全形牙)の所有者が登録申請する際、
その象牙がワシントン条約の規制が適用されるより前に国内に持ち込まれた
象牙であるとする第三者の証言に加え、そのことを客観的に証明できる書類
の添付を求めることとしています。
象牙の年代を客観的に証明する手段として、考古学研究などに使われる年代
測定が推奨されています(環境省67日報道発表)。

<当社のサービス>
当社では、この取り組みの一助となるべく、象牙全形牙の放射性炭素年代測定
サービスを開始しました。
当社が発行する報告書は、「種の保存法に基づく個体等登録を希望する象牙
全形牙の審査」(環境省67日報道発表)に準拠し、象牙の年代を客観的に
証明できる書類としてお使いいただくことが可能です。
また、ご依頼者様ご自身で試料を採取していただく場合に備え、必要な用具
類をまとめた「試料採取キット」と「採取マニュアル」の貸出サービスも
行っています。



       http://www.iaa-ams.co.jp/news/NewsRelease20190626.pdf


当社が関わった研究ではありませんが、先日、「キリシタン絵画、安土桃山
時代制作か 大磯・澤田記念館」
という記事が掲載されました。
記事によると
使われている紙には江戸時代のものの特徴があり、放射性炭素年代測定で
1556~1633年の間に作られたとの結論が出た。また連禱のかな文字
の書体や黙想の図に描かれた人物の刀のつるし方などからも、末尾の年号と
同時代と判定できたという。

とのこと。

こういった分野でも放射性炭素年代測定が活用されています。

 ~当社でも紙や布等を測定した実績が多数あります。~

  http://www.kanaloco.jp/article/373172
                      <神奈川新聞 カナロコ>
AS20181118001747_comm

プラスチック専門誌「プラスチックス」の11月号に広告を掲載致しました。
今号では、「持続可能な社会に向けたプラスチック技術特集」として、
植物由来(バイオマス)プラスチック等が取り上げられています。
当社が行っております「14C濃度測定」により、バイオマスプラスチック
のバイオマス度(植物由来と石油由来の混合度)が確認出来ます。
CCF_000270
修正広告案(「プラスチック」)様向)-1


↑このページのトップヘ